WEB完結のカードローンの特長は?

WEB完結のカードローンの特長

WEB完結のカードローンの特長

 急な出費や行事でまとまったお金が必要な際に便利なのがカードローンです。しかし、もしもの時に備えてカードローンを契約したくても日頃忙しくて時間がないという方もいるでしょう。

 そのような方にはWEB完結のカードローンがおススメです。

 この記事ではカードローンを初めて利用する方、またはカードローンの利用経験はあるがWEB完結で行ったことがない方のために、WEB完結でカードローンを契約するメリットを紹介していきます。

店頭に行かずに利用を開始できる

 WEB完結のカードローンは、申し込みから契約までの手続きをインターネット上で完結できます。

 パソコンやスマホで契約を行えるため、銀行やカードローン会社の店頭窓口に行く手間が省けるのは大きなメリットです。日頃から忙しく店舗に寄る時間がない方や店舗に入る姿を家族や知人に見られたくない方にとっては便利なサービスです。

 ただし、カードローンによっては契約時に指定の銀行口座を開設する必要があるケースもあるため注意が必要です。常陽銀行のカードローンでは銀行口座の開設が不要なので、口座開設の手続きをする手間が省けます。

自宅への郵送物を減らせる場合もある

 銀行やカードローン会社にもよりますが、WEB完結の場合は入会申込書などの契約書類を郵送で受け取らなくて良い商品もあります。契約書類がインターネット上で交付されるため、手元のスマホやパソコンから契約内容を確認することができます。

 なるべく自宅に届く郵送物を減らしたい人は、インターネット上で契約内容の確認ができるWEB完結のカードローンが便利でしょう。

融資までにかかる時間が比較的短い

 先に説明したように、WEB完結のカードローンでは申込書や必要事項の記入をインターネット上で行うことができます。そのため、必要書類を銀行やカードローン会社から取り寄せる必要がありません。

 必要書類の郵送などにかかる時間を省けるため、融資までにかかる時間を短縮できます。急にまとまった資金が必要になった方にとって、メリットが大きいと言えるでしょう。

WEB完結のカードローンの利用までの流れ

 ここまではWEB完結のカードローンの特長を説明しました。

 ここからは一般的なWEB完結のカードローンに申し込んでから融資を受けるまでの手続きの流れを解説していきます。

WEB完結カードローンを利用する基本的な流れ

インターネットから申し込む

 まずは選んだ銀行やカードローン会社の公式ホームページから、カードローンの申し込みに進みます。WEB完結のカードローンは、スマホやパソコンから申し込みができるため時間や場所を選びません。

 ここでは借入先の銀行やカードローン会社の選び方に注意しましょう。数%の金利の差でも、支払う利息額は大きく変化します。できるだけ金利の低い銀行やカードローン会社を慎重に選ぶことをおススメします。

 入会申し込みの際には、会員規約に同意する必要があります。後で想定外の規定に気付くことのないよう、よく読んでから同意しましょう。

必要情報の記入

 続いて、必要情報を記入するステップに進みます。WEB完結のカードローンはお手持ちのスマホやパソコンから申し込みフォームに情報を記入していきます。

 銀行やカードローン会社によっては、申し込みの際に支払い用の銀行口座の情報を入力する必要があります。そのため、事前にご利用の銀行口座情報が分かるものを手元に用意しておくと良いでしょう。

必要書類をアップロードする

 必要情報の記入が完了したら、次は必要書類の提出画面が表示されます。WEB完結の場合は、スマホやデジカメ等で撮影またはスキャンした必要書類のファイルをアップロードすれば提出が完了します。

 まずは借入先の銀行やカードローン会社から指定された書類を用意しましょう。ここで必要になる書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」です。

 本人確認書類として認められるのは主に以下の書類です。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証
  • 顔写真付き住民基本台帳カード

 これらの書類のうち1、2点を提出する必要があるので、事前に手元に用意しておきましょう。

 収入証明書類は、ご利用限度額が50万円を超える場合や、他社からの借入額を含めた総借入額が100万円を超える場合等に提出を求められます。

 収入証明書類として認められるのは主に以下の書類です。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 確定申告書等

 これらのうち1点を提出する必要があります。

 ただし、銀行やカードローン会社によって必要書類として認められるものが異なる場合があるので必ず事前に確認しましょう。

 必要書類の準備が整ったら、次は必要書類を撮影したファイルやスキャンしたファイルをアップロードします。書類の内容がはっきりと映るよう気を付けましょう。ファイルの準備が完了したら、借入先のホームページからアップロードしましょう。

正式審査で承認を受けたら契約を完了させる

 住所氏名等の入力や書類ファイルのアップロードが完了し、全ての手続きを終えたら正式審査が始まります。

 カードローンの審査では、「在籍確認」の電話があります。在籍確認は、申し込み手続きで申告した勤務先や連絡先が正しいことを確認するための作業なので電話を受け取れるようにしておきましょう。

 審査にかかる時間は借入先によって異なります。また、正式審査の結果によっては希望の限度額を受けられない可能性もあることを念頭に入れておきましょう。

利用開始

 審査が完了した後は、カードを受け取ることができます。銀行やカードローン会社によってカードの受け渡し方法は異なりますが、一般的には簡易書留郵便で郵送されてくるケースが多いです。

 カードローンの借り入れ方法は以下の通りです。

  • 銀行や自社ATM
  • 提携ATM
  • コンビニATM
  • 振り込み

 ATMからお金を借り入れる場合はキャッシュカードと同じ要領で、ローン用のカードをATMに差し込んで操作をします。

 この際、利用するATMや金融機関によって手数料が発生する場合があります。

 手数料の有無は借入先の金融機関によって異なるので、事前に確認しておくことをおススメします。

 振り込みでの融資の場合は、カードローン申し込みの際に登録した銀行口座に融資金額が振り込まれます。受付時間によっては着金が翌日になることもあるので注意しましょう。

WEB完結のカードローンの注意点

 最後に、WEB完結のカードローンの注意点について解説していきます。

ローンカードを郵送で受け取る場合には注意が必要

 カードローンを利用していることを知り合いに知られたくないという方は、郵送でカードを受け取る際に注意が必要です。

 銀行やカードローン会社によっては、封筒にカードローンの商品名が記載されている場合があります。郵便物を本人以外が受け取る可能性がある場合、事前に借入先に郵送物のプライバシーへの配慮が行われるかどうかを確認すると良いでしょう。

 プライバシーに気を配ってカードローンを利用したい方には常陽銀行がおススメです。常陽銀行のカードローンでは封筒に「カードローン」という商品名の記載がないうえ、在籍確認の際には銀行名ではなく担当者名で電話がかかってきます。プライバシーの保護を重要視する方は常陽銀行を検討してみてはいかがでしょうか。

利用条件が設けられている場合も

 金融機関によってはカードローンに利用条件が設けられている場合があります。例えば、年齢条件のほかに金融機関にすでに口座を持っている必要があるといった利用条件がある金融機関もあります。

 カードローンに利用条件があるか、そして自分自身が利用条件を満たしているかは借入先を決める前に確認することをおススメします。

まとめ

 今回はWEB完結でカードローンの契約をする方法やメリットについて解説しました。インターネット上で申し込みから融資までの手続きが完了するので、日頃忙しい方でも場所を選ばずにカードローンの利用ができます。

 常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」なら、お申し込みからご契約までスマホやパソコンで可能です。また、プライバシー対応徹底、さらにATM利用手数料が無料となっています。ご興味のある方は、以下のボタンから詳細をご確認ください。

カードローンについて

(2021年4月26日)

本コラムの内容は掲載日現在の情報です。
コラム内容を参考にする場合は、必ず出典元や関連情報により最新の情報を確認のうえでご活用ください。

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る