カードローンの在籍確認とは?

カードローンの在籍確認とは

 カードローンを初めて申し込む場合、申込者の年収や勤務先などの個人情報をもとに返済能力があるかを確認するための「審査」が行われます。

 審査が完了した後に実施されるのが、在籍確認です。在籍確認とは、申込者がカードローンを申し込む際に申告した勤務先で本当に働いているのかを確認するものです。

 今回はカードローンの在籍確認を実施する理由や流れ、そして注意するべき点や疑問点について解説します。

金融機関が勤務先へ電話で確認

 前述したように、在籍確認では、金融機関やカードローン会社が申込者の勤務先へ電話をかけ、申込者が本当に在籍しているか確認します。

 勤務先への電話のため、どんな用件で電話がかかってくるか不安になる方も多いことでしょう。しかし在籍確認の目的は、あくまで「申込者が自分自身で申告した勤務先に本当に在籍しているか」を確認することです。一般的には、電話口で申込者の名前が呼び出され、本人がその場に不在だったとしても、在籍確認ができれば問題ありません。

在籍確認が必要な理由

 カードローンを申し込む際、なぜ在籍確認が必要なのでしょうか。ここでは、在籍確認を行わなければならない二つの理由について詳細を説明します。

勤務先の確認

 まず一つ目は、虚偽の申告がないか(申込者本人が申告した勤務先で本当に働いているか)を確認するためです。

 二つ目の理由は、在籍確認がとれた勤務先企業のおおよその年収と、申込者が申告した年収を照らし合わせ、借り入れた金額を返済する能力があるかを調査するためです。もし虚偽の申告が発覚した場合には契約は成立せず、カードローンを利用することはできません。

 さらに、虚偽の申告をした情報が信用機関に残り、他社のカードローンやクレジットカード、そして住宅ローンなど他の種類の審査も通らなくなる可能性があります。申し込みの際には必ず正しい情報を記載し、虚偽の申告をすることは絶対にやめましょう。

在籍確認は必ず必要?

 カードローンの申し込みをする人の中には、職場の上司や同僚など周りの人に知られたくないため、在籍確認なしのカードローン会社を探す人もいるでしょう。

 在籍確認は、申込者の安定した収入と返済能力の証明に必要です。虚偽の申告をしていて、本当は収入が少なく返済能力がない人にお金を貸してしまうと、未払いや貸し倒れにつながりカードローン会社は大きな損失を抱えることになります。そのため、ほとんどの場合は在籍確認が実施されると覚えておきましょう。

金融機関によっては職場へ連絡しないケースもある

 在籍確認はほとんどの金融機関やカードローン会社で行われると説明しましたが、一部の消費者金融カードローンで申し込みをすると、勤務先への在籍確認の電話なしで契約できる場合もあります。

 このようなカードローン会社は、勤務先への電話以外の方法で本人確認や在籍確認を実施しています。例えば、勤務先へ書類を郵送したり、ネットでの問い合わせや携帯電話に電話をかけることで本人確認をする場合があります。

 ただし、消費者金融カードローンを利用する場合は、銀行カードローンに比べると一般的に金利が高くなる傾向にあるため注意が必要です。

在籍確認はいつ行われる?

 勤務先へ電話が入るのに備えて、在籍確認が実施される具体的な日程や時間帯などを把握しておきたいという方も多いでしょう。

 申し込むカードローン会社によっては、申込者にとって都合の良い日程で在籍確認が実施されるよう配慮してくれるところもあります。

在籍確認のタイミングは、一般的に審査終了後

 一般的には、在籍確認が行われるタイミングは審査が終了した後です。

 ただし、厳密な日程や時間帯などは金融機関やカードローン会社ごとに異なるため、カードローンを申し込む際に在籍確認の日程や時間帯を担当者へ確認しておくと良いでしょう。また、企業によっては審査が完了したタイミングで、申込者が勤務先の社内にいるタイミングや時間帯に在籍確認が行われるよう配慮してくれる場合があります。

 カードローン会社としても、在籍確認がスムーズに済めばその分早く契約成立につながるため、都合の良い日時を考慮してくれる可能性は高いでしょう。まずは借入先に相談してみることをおススメします。

在籍確認の流れ

 在籍確認は、申込時に申告した勤務先に在籍していることが証明できれば良いとは言っても、勤務先では誰が電話を取るか分からない状況のため不安になる方もいるでしょう。実際に行われる在籍確認の流れを把握しておけば、いつ連絡が来ても落ち着いて対応することができます。

 ここでは在籍確認の具体的な流れをご紹介します。

勤務先に電話がかかってくる

 カードローンの申込時に申告した個人情報や信用情報などの審査が完了した後、在籍確認として申込者の勤務先に電話がかかってきます。

 この時の内容や用件は、一般企業からの電話とほとんど変わりません。電話口で申込者の名前が呼び出され、その場に本人がいれば電話口に出ると完了します。もし申込者が不在の場合でも、電話を取った人が外出中であることや席を外していることを自然と説明してくれるため、それだけで在籍確認が成立します。

カードローンの会社名は基本的に伏せられる

 申込者の勤務先へ電話をかける際、カードローン会社は電話に出た第三者へ会社名や在籍確認のための電話だと伝えることは一切ありません。そのため、上司や同僚にカードローンを利用しようとしていることを知られる可能性はほぼゼロに近いといって良いでしょう。

 在籍確認の電話は、担当者の個人名を名乗ることが一般的です。勤務先で、普段から自分以外の誰かが電話に出ることが多い場合は、担当者の名前と電話の要件を事前に確認しておくと良いでしょう。

 在籍確認にかかる時間はとても短く、申込者本人がその場にいれば5分もかからずに終了します。他にも気になる点があれば事前に確認し、スムーズに在籍確認を終えられるようにしておきましょう。

職場への在籍確認における注意点

 ここまで、カードローンの在籍確認が必要な理由や、実際の流れについて説明してきました。

 最後に在籍確認における注意点を紹介します。派遣社員として雇用主の派遣会社から契約先の企業へ出社している場合や、申込者が不在時に在籍確認が入った場合の対応方法についても改めて確認しておきましょう。

派遣社員の方の場合

 カードローンの申し込みをする人が派遣社員の場合、在籍確認の前に申告する職場の連絡先に注意が必要です。

 派遣社員を雇用しているのはもちろん「派遣会社」ですが、派遣社員が、契約先の企業へ出社する場合も多くあります。そのため、申込時に契約先企業の連絡先を申告してしまうと、その企業に雇用されている事実はないため在籍確認を完了させることはできません。

 カードローンの申込時には、必ず雇用主である「派遣会社」の連絡先を申告するようにしましょう。普段は契約先に出社しており派遣会社にいない場合は、担当者などが在籍している部署の連絡先を記載しておけば問題ないでしょう。

本人不在の場合

 在籍確認ではあくまでも本人が勤務先に「在籍している」ことの確認ができなければ完了しません。

 一般的に電話口で社内の第三者が電話に出たとしても、「今、席を外している」「会議中で不在」などの回答があれば在籍確認が取れるため、再度カードローン会社から電話がかかってくることはないでしょう。ただし、カードローンの申し込みで在籍確認用の電話番号を申告する際には、自分が所属している部署直通の電話番号を申告しましょう。

 代表電話番号などで依頼してしまうと、社員数が多い企業等の場合は申込者のことが分からない可能性もあります。一度の電話で終わらせるためにも、自分が所属している部署の電話番号を記載しましょう。

カードローンの在籍確認でよくある疑問

 ここからは、カードローンの在籍確認が行われる際によくある疑問を紹介します。一度在籍確認が完了しカードローンが使えるようになった後でも、利用限度額の増額や転職などで改めて在籍確認が実施されるケースについて説明します。

限度額増額の際にも在籍確認がある?

 カードローンの利用限度額を増額する場合、一度完了していたとしても増額の申し込み後に改めて在籍確認を実施する必要があります。これは、増額時点での申込者の支払い能力を把握し、安定収入があるかを確認するためです。

 特に、申込者が退職・転職などでカードローンを申し込んだ当初と状況が変わり、年収や支払い能力が低下しているケースもあります。支払い能力が低いまま利用限度額を増額してしまうと、未払いや貸し倒れのリスクが高くなってしまうため、カードローン会社側の損失を防ぐためにも改めて在籍確認が必要となるのです。

転職などで職場に変更があったらどうしたら良い?

 カードローンを申し込んだ当初から退職・転職をして勤務先が変わった場合、カードローン会社へ連絡する必要があります。

 理由は、勤務先が変わったことにより収入や支払い能力に変化がないか確認するためです。もし職場が変わったことを連絡せずにそのまま借り入れを続け、未払いなどで勤務先が変わっていることが発覚した場合、追加の借り入れができなくなったり、状況によっては利用停止にされてしまう可能性もあります。

 勤務先が変わったことを申告しなかった場合のリスクを考慮し、転職後は速やかにカードローン会社へ連絡をするようにしましょう。

まとめ

 カードローンの在籍確認について解説してきました。在籍確認と聞いて、不安を覚える方も少なくありません。

 今回ご紹介した内容を踏まえて在籍確認を完了したあとは、目的に合わせてカードローンを計画的に利用しましょう。また、カードローンの申し込みを検討している方の中で、在籍確認をはじめとするプライバシーへの配慮を重視したいという方は、常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」がおススメです。

 キャッシュピットなら、スマホやパソコンでカードローンの契約手続きを完結させることができます。また、勤務先への在籍確認時に個人名または銀行名どちらで電話をかけるのか選択することもできます。さらに、お借り入れやご返済時のATM利用手数料が無料となっています。

 カードローンの利用を検討している方は、まずは詳細をご確認ください。

カードローンについて

(2021年6月21日)

本コラムの内容は掲載日現在の情報です。
コラム内容を参考にする場合は、必ず出典元や関連情報により最新の情報を確認のうえでご活用ください。

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る