カードローンにはデメリットや注意点はある?

 急な出費や予定でまとまった資金が必要になった場合、カードローンを利用しようと考える人もいるでしょう。

 カードローンの利用を検討している方の中には、デメリットや利用時の注意点はないのか気になっている方もいるのではないでしょうか?

 今回は、カードローンとは何かという点から、デメリットや注意点までを解説していきます。

カードローンとは?主なメリットについて

カードローンの主なメリット

 カードローンとは、金融機関やカードローン会社が個人向けに提供している融資商品のことを指しています。

 ここでは、カードローンの4つのメリットをご紹介します。

いつでも場所を問わずに借り入れ・返済が可能

 カードローンでは、カードローン会社や銀行ATM、コンビニのATM等で借り入れや返済ができます。そのため、時間や場所を選ばずに利用できるのが便利です。

 ただし、金融機関によっては、利用できるATMの種類が限られている場合や利用時間が限られている場合もあります。ご利用を検討している借入先に、事前に借り入れや返済ができるATMや、利用時間を確認しておきましょう。

利用目的に制限がない

 カードローンの大きなメリットは、利用目的に制限がない点です。

 カードローン以外のローンには、自動車ローンや住宅ローン、教育ローンなどがあります。これらのローンで受けた融資は、限られた目的にのみ使用できます。

 一方で、カードローンには特定の利用目的が設定されていないため、急なイベントや用事で資金が必要となった場合にも利用限度額の範囲内で自由に借り入れを行える点が便利です。

利用限度額内なら何度でも利用可能

 カードローンは、契約時に設定された利用限度額の範囲内なら、何度でも借り入れができるのが特長的です。

 例えば、フリーローンも利用目的が指定されていないローンですが、フリーローンの場合は一度にまとまった融資を受けるという形式です。この点が何回も借り入れが可能なカードローンと大きく異なります。

 利用限度額の範囲内で、何度も借り入れを行う予定がある人はカードローンが便利です。

無担保・保証人不要で借り入れ可能

 カードローンは、担保や保証人の代わりに保証会社から保証を受けることで、無担保・保証人不要で借り入れを行える場合が多いです。

 ただし、金融機関によっては、担保や保証人が必要な場合もあります。そのため、担保や保証人を絶対に付けたくないという方は、希望の借入先では担保や保証人が必要かを事前に確認してください。

カードローンのデメリットや利用する際の注意点

カードローンのデメリットや利用する際の注意点

 カードローンには様々なメリットがありますが、利用前に知っておくべき注意点やデメリットも存在します。

 ここでは、カードローンの注意点やデメリットをご紹介します。

住宅ローンや自動車ローンよりは金利が高い傾向にある

 銀行で提供されている目的別のローンと比較すると、カードローンは金利が高い傾向にあります。

 カードローンは、自動車ローンや住宅ローンとは違って、利用目的の制限がない点や様々な方法で借り入れや返済ができる点が魅力的です。その一方で、金利が高いため、借入先に支払う利息額が大きくなってしまう点に注意が必要です。

 便利に利用できるカードローンだからこそ、収支のバランスをよく考えて無理なく計画的に返済していく必要があります。

借りすぎに注意が必要

 カードローンの利用を開始する前には、利用者の返済能力を調べる審査があります。金融機関やカードローン会社は、本人の収入や信用情報に応じて利用限度額を設定するため、利用者は極端に大きな額を借りることができないようになっています。

 しかし、カードローンは手軽に何度でも借りられる点が魅力の商品です。つい借りすぎてしまうことを防ぐために、利用限度額の中でも収支のバランスに注意しなければなりません。

完済までの期間に注意が必要

 カードローンには、フリーローンや住宅ローンのように返済期間が決まっていないという特長があります。

 返済期間が決まっていないと、つい返済を長期化させてしまう人が多く見られます。例えば、返済の負担を減らすために毎月の返済額を少なくしていくにつれて、返済期間が長くなっていきます。

 その反面、借り入れを行ってから完済までの期間が長くなるほど、利息額が高くなる点に注意が必要です。

 カードローンは、返済期間をできるだけ短くするように工夫して、返済していくと良いでしょう。

他のローン審査に不利になる場合がある

 カードローンの利用状況によっては、他のローン審査に不利になってしまう可能性があります。ローンの利用状況は、カードローン会社ごとに加盟している信用情報機関に登録されます。そのため個人の信用情報は、借入先以外の会社からも照会できるようになっています。

 そのため、例えばカードローンで借り入れを行った後に延滞が発生すると、個人の信用情報に延滞履歴が記録されてしまいます。個人の信用情報に問題があると、今後、住宅ローンなどを組む際に影響が出る可能性があります。

 カードローンを利用する際には、信用情報に記録されることに留意して、延滞や未払いを避けましょう。

カードローンを上手に利用するためのポイント

カードローンを上手に利用するためのポイント

 ここでは、カードローンを上手に利用するためのポイントを解説します。

借り入れ前に返済シミュレーションをする

 利用する予定の金融機関が返済シミュレーションを提供している場合は、借り入れを行う前にシミュレーションしておくのがおススメです。

 自分が受ける融資に対する金利や借入額を入力すると、毎月の返済額や完済までにかかる期間を正確に計算してくれます。

 事前にシミュレーションを行うと、正確な返済計画を立てて確実に完済しやすくなります。

臨時返済を活用

 ボーナスなどで手元にまとまった資金ができた際には、臨時返済を利用するのがおススメです。

 臨時返済では、返済額が全て元金の返済に充てられるうえ、借入期間が短くなるというメリットがあります。効率的に元金が減らせるうえに借入期間を短くできるため、カードローン会社に支払う利息額を抑えられます。

 臨時返済を上手に活用して、知らず知らずのうちに利息がかさんでしまい、完済までにかかる期間が長くならないようにしましょう。

一括返済を行う

 資金に余裕ができて、借入金額を全額返せる場合は一括返済を行うのをおススメします。一括返済とは、現在の借入残高を一度に返済する方法です。返済期間を大幅に短くできるため、利息額も大きく減らす効果が期待できます。

 ただし一括返済を行う際には、現時点でカードローンに発生している利息額と残高を一度に返済後も手元に余裕資金が残ることを事前に確認しましょう。

まとめ

 この記事では、カードローンのメリット・デメリットや注意点、そしてカードローンを上手に利用するためのポイントを解説していきました。カードローンには確かに注意点もありますが、返済シミュレーションや臨時返済、一括返済を行うことで上手に返済をしていくこともできます。自分自身の状況に合わせて、賢くカードローンを利用していきましょう。

 また、これからカードローンの契約をする方は、常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」を検討してみてはいかがでしょうか?キャッシュピットならATM利用手数料が無料となっています。さらに、プライバシーへの配慮やインターネット上で契約が完結するというメリットがあります。興味を持った方はまずは下記よりご確認ください。

カードローンについて

(2021年7月26日)

本コラムの内容は掲載日現在の情報です。
コラム内容を参考にする場合は、必ず出典元や関連情報により最新の情報を確認のうえでご活用ください。

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る