カードローンの名義貸しとは?

カードローンの名義貸しとは

 周囲の人から、カードローンで名義を貸してほしいとお願いされたことがある方もいるかもしれません。しかし、「名義を貸す」という行為は具体的にどのようなことを指しているのかをご存知でしょうか。

 ここではまず、カードローンの名義貸しとは、具体的にどのようなことを指すのかを解説いたします。

自分の名義を他人に貸す行為

 「自分の代わりにカードローンの契約をしてほしい」などと、知人からお願いされるというケースがあります。他人にカードローンの契約をお願いする理由としては、本人がある事情でカードローンを借りることができなくなったなどというものが考えられます。

 ここで、自分の名義を使用して他人に代わってカードローンの契約を行うことが、いわゆる名義貸しと言われる行為です。

名義貸しが絶対にいけない理由

名義貸しが絶対にいけない理由

 他人から名義を貸してほしいとお願いされても名義貸しは絶対にしてはいけません。名義貸しには非常に大きなリスクが伴うからです。

 ここでは、いかなる理由があっても名義貸しをしてはならない理由を解説します。

相手とのトラブルの原因になる

 カードローンで名義貸しをした場合、自分自身が融資を受けた金額を他人に貸すことになります。そうすると、名義を貸した相手との間にトラブルが発生する可能性が出てきます。

 例えば、名義を貸した相手が返済をし続けなかった場合や、音信不通になってしまった場合などには大きなトラブルに発展する可能性があるでしょう。

 また、カードローンの名義を他人に頼む方は、自分自身でカードローンを契約できないような状況にあると考えられます。そのような状態に陥った方は、金融機関やカードローン会社から返済ができないと判断された可能性が高いと言えるでしょう。

 そのため、自分と相手の間で名義を貸す約束をしてもしっかりと返済をしてもらえる確証はないと言えます。

カードローンに関する全責任を負うのは自分

 カードローン契約の際に自分の名義を使用すると、どのような事情があってもカードローンに関して全責任を負うのは自分であることを忘れてはいけません。

 例えば、名義を貸した相手との間で「毎月カードローンを必ず返済する」と約束したにもかかわらず支払いが滞った場合にも、不利益を被るのは貸した本人です。返済を延滞した分の延滞損害金の支払い義務、そして借入金の返済義務はあくまでも名義を貸した側に問われます。

信用情報に問題が発生する可能性も

 自分以外の他人が自分の名義を借りてカードローンの借り入れや返済をしていく場合、自分の信用情報にもリスクが降りかかります。

 例えば、名義を貸した相手が突然返済をしなくなった場合、カードローンを延滞した履歴が名義を貸した本人の情報として個人信用情報機関に一定期間保管されてしまいます。

 信用情報に問題があると、後々ローンを組みたい場合に審査で悪い印象を与えてしまうというデメリットが発生します。そうなると、自分自身の人生プランや将来設計にも悪影響が及びます。

 名義貸しという行為に伴う大きなリスクを考えると、仲の良い友人や家族から名義を貸すようにお願いされても断るべき理由は明確ではないでしょうか。

犯罪行為とみなされる場合も

 名義貸しは、詐欺行為の幇助とみなされる場合があります。そして詐欺罪として法律違反をしたと認められると、自分自身が罰せられる事態になりかねません。

 具体的には、詐欺罪を犯すと刑法によって懲役10年以下の罰を受けることになります。自分自身が犯罪者になってしまうこともあるため、名義貸しは必ず断りましょう。

名義貸しをお願いされた時の正しい対応

 それでは、知人にカードローンの名義を貸してほしいとお願いされた場合にはどのようにして対応すれば良いのでしょうか?

 ここでは、名義貸しをお願いされた場合にすべき対応をご紹介いたします。

たとえ家族でも断る

 カードローンの契約で自分の名義を使用すると、返済義務を負うのは自分であることに加え、名義貸しは犯罪幇助の疑いをかけられる可能性もあります。

 名義を貸すことには非常に大きなリスクがあり、自分の人生にも悪影響を与え続ける可能性も考えられます。

 たとえ誰にお願いされても、名義貸しは必ず断りましょう。

金融機関に相談を促す

 名義貸しをお願いされると、どうしても困っている知人や家族を助けたいと考える方もいるでしょう。しかし、名義を貸すことは絶対にしてはいけません。

 知人を救いたいという場合は、名義貸し以外の方法を考えましょう。例えば、現在借り入れ中の金融機関に返済条件等の見直しを相談するよう促すと円満に解決する可能性があります。

まとめ

 カードローンの契約のために自分の名義を他人に貸してしまうと、法律違反をはじめとして様々なトラブルに発展する可能性があります。自分以外の人のために交わした契約とはいえ、カードローンに関する全ての責任を負うのは自分です。たとえ家族のためでも、カードローンの名義貸しは絶対に避けましょう。

 自分の名義を他人に貸す場合を除いて、これからカードローンの契約をしたいと考えている場合は常陽銀行のキャッシュピットがおススメです。常陽銀行のキャッシュピットなら、ATMの利用手数料が無料であるうえ、スマホやPCで申し込みから契約までを完結できるため、便利にカードローンをご利用いただけます。キャッシュピットに興味をお持ちの方は、まずは下記から詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

カードローンについて

(2021年8月27日)

本コラムの内容は掲載日現在の情報です。
コラム内容を参考にする場合は、必ず出典元や関連情報により最新の情報を確認のうえでご活用ください。

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る