カードローンの利用用途はどうすべき?

カードローンの特長

カードローンの特長

 急にまとまった資金が必要になった場合、カードローンの利用を検討する人もいるでしょう。しかし、カードローンを他のローンと比較した際の特長をご存知でしょうか?

 お金を借りる前に、自分が希望する商品の特長を知っておくのは大切なポイントです。商品の特長をよく知らずに融資を受けると、その商品を最大限に活かせなかったり、自分には合わない商品を選んでしまう可能性もあります。

 ここでは、まずカードローンの特長をご紹介します。

無担保・保証人不要で融資を受けられる

 カードローンは一般的に無担保・保証人不要で借り入れられるのが特長的です。

 一般的に金融機関やカードローン会社は、無担保・保証人不要である代わりに、保証会社が申込者の審査を行っています。保証会社の審査を通過した申込者が、保証会社の保証のもとでカードローンを利用することになります。

 いずれにせよ、手元に資産を持ち合わせていない場合や保証人をお願いできるような人がいない場合でもカードローンなら利用できる可能性があります。

限度額の範囲で何度でも借り入れが可能

 カードローンは借入限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れや返済が可能です。その一方で、住宅ローンや自動車ローンなどでは、契約した融資金額を受け取ると返済中に原則として追加融資を受けることはできません。そのため、急に資金が必要になった際には再度審査を受けてから融資を受ける必要があるのです。

 カードローンは他のローンと比較すると、いざというときに追加で融資を受けられる点が便利だと言えるでしょう。

利用用途に制限がない

 カードローンで借り入れした融資金には、利用用途に制限がないという特長があります。自動車ローンや住宅ローンなどといった目的別のローンの場合は、融資金額は全て車や家の購入などといった用途に制限されてしまいます。そのため、目的別ローンの用途に該当しないような用事で現金を借りる必要がある際には、カードローンの利用がおススメです。

 旅行や資格取得、結婚などの様々な場面で役に立つというのがカードローンのメリットです。

カードローンの利用用途例

 カードローンの借入金には用途が制限されてないというと、具体的にどのようなことに利用できるか迷う方もいるかもしれません。ここでは、カードローンの利用用途の例をご紹介します。

現金が必要な用事

 日頃の生活費は十分にある方でも、冠婚葬祭等が急に入ると資金繰りに悩んでしまうことがあるでしょう。特に、予定外の行事の場合は前もって資金を準備できないため、対応に困るかもしれません。

 このようなケースでも、カードローンなら融資を受けられます。また、用事が決まってからカードローンに申し込むこともできますが、前もってカードローンの契約をしていれば、素早く資金を用意できます。

 将来的に急な冠婚葬祭の予定が入った時には、カードローンの利用が便利でしょう。

趣味や娯楽

 旅行やショッピングなどの趣味や娯楽のための資金が足りないというケースも起こりうるでしょう。クレジットカードを利用すればお買い物はできますが、まとまった現金が必要という場合には、どうすれば良いか悩んでしまうかもしれません。

 このような場合にも、カードローンを利用することができます。また、カードローンはクレジットカードのキャッシング機能よりも一般的に金利が低いという傾向もあります。趣味や娯楽で現金を借り入れる必要がある場合は、カードローンを利用するのがおススメです。

生活に必要なお支払い

 1カ月の収支に気を付けていても、うっかり電気やガス、水道料金などの料金を払うのを忘れてしまう方はいるでしょう。電気・ガス・水道料金のように生活に必須な資金が足りないという場合にも、カードローンから融資を受けることが可能です。

 また、金融機関やカードローン会社の商品によっては融資金額を指定の銀行口座に振り込んでもらえる場合もあります。公共料金の支払いを銀行から引き落としている場合は、このようなサービスを提供している商品を利用すると良いでしょう。

資格取得など

 将来のために資格を取得したいという場合やお子さまの教育費、習い事のための資金としてもカードローンから借り入れを行えます。

 具体的には、資格取得のために一括でまとまった金額を用意しなければならない場合や直近の月謝を支払うのに現金が足りないという場合にもカードローンを利用できます。カードローンなら利用限度額の範囲内でなら何度でも借り入れを行うことができるため、月謝が足りないことが何度か起きても対応可能です。

カードローンを利用するメリット

カードローンを利用するメリット

 利用用途が限定されていない点が魅力的なカードローンですが、数あるローン商品の中からカードローンを選ぶメリットは他にもあるのでしょうか?

 ここでは、カードローンだからこそ得られるメリットをご紹介します。

ATMから借り入れや返済が可能

 カードローンは、銀行ATMやコンビニATMから借り入れや返済が可能な点がメリットです。急に資金が必要になっても近くのATMから借り入れができるのは、便利なのではないでしょうか?

いざという時のためにあらかじめ契約

 もしもの時に備えてあらかじめカードローンを契約しておくという方法もあります。いますぐには資金が必要でなくても、将来的に突然まとまった資金が必要になる可能性は、誰にでも十分にあるでしょう。

 急に資金が必要になったときに、いつでも借り入れを行えるのはカードローンならではの魅力です。

カードローンを利用するまでの流れ

 それでは、カードローンを利用するまでの流れとはどのようなものかご存知でしょうか。カードローンに申し込みをする前に、大まかな流れを把握しておきましょう。

 カードローンの申し込み手続きには、本人確認資料や年収確認資料等が必要となります。そのため、申し込む前に、まずは必要な書類を手元に準備することをおススメします。お申し込みは、スマホやPC、郵送や電話、窓口などから可能です。

 一般的な申し込みから利用までの流れは、以下の通りです。

  • 1.希望の借入先に申し込み
  • 2.必要書類の提出
  • 3.審査
  • 4.ローン専用カードの発行
  • 5.カードの受け取り
  • 6.利用開始

 カードローンを申し込みしてから利用開始までにかかる時間は、申し込み方法や本人の状況によっても大きく変わります。すぐに利用を開始したい場合は、書類の送付の時間を省くためにもスマホやPCから申し込むのがおススメです。

カードローンを利用する際の注意点

カードローンを利用する際の注意点

 カードローンは利用用途に制限がない点が便利な商品ですが、利用する際には注意点もあります。カードローンの利用を検討している方は、最後に注意点を押さえたうえで利用に踏み出しましょう。

事前に返済計画を立てる

 カードローンは利用限度額の範囲でなら複数回借り入れられるのが便利である反面、借りすぎてしまうリスクがあります。すぐに現金を受け取ることができるとはいえ、あくまでも借りているお金であることを念頭におきましょう。

 また、重要でないタイミングで借り入れを繰り返すと、万が一の事態が発生した際にカードローンの利用限度額が足りない可能性もあります。そのような事態に陥ると、「いざという時に便利」というカードローンの強みを全く活かせなくなるでしょう。

 借り入れを行う際には事前に返済計画を立てる必要があります。

借りたお金をギャンブルなどに使用しない

 カードローンで受ける融資は、利用用途が自由とはいえ、無謀なお金の使い方をするのは絶対にやめましょう。例えば、ギャンブルや投機目的で融資金額を利用するのは非常に危険です。また、ギャンブルや投機はさらなる借り入れが必要になるきっかけにもなりかねません。このような目的にお金を使うのは、賢明とは言えないでしょう。

 特に、カードローンを利用して用意した資金は、返済しなければならないお金です。返済しなければならないお金を利用して、危険なものに資金を投じる行為は避けましょう。

まとめ

 この記事では、カードローンの特長、利用用途の代表的な例から注意点までを解説していきました。利用用途に制限がない点が便利ですが、融資金額を何に利用するか、そしていくら借り入れるかなどには注意が必要です。必ず自分の収支と照らし合わせて、現実的な返済計画のもとでカードローンを利用しましょう。

 これからカードローンの契約をしたいと考えている方は、まずはぜひ常陽銀行の「キャッシュピット」を検討してみてはいかがでしょうか?キャッシュピットなら、ATM利用手数料無料で借り入れや返済ができるため、借入先に支払うATM利用手数料を抑えつつカードローンを利用できます。また、インターネット上で契約を完結できるため場所や時間にとらわれずに、プライバシーに対する配慮も完備されています。キャッシュピットにご興味のある方は、まずは下記から詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

カードローンについて

(2021年8月27日)

本コラムの内容は掲載日現在の情報です。
コラム内容を参考にする場合は、必ず出典元や関連情報により最新の情報を確認のうえでご活用ください。

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る