いざ2人の生活が始まってから喧嘩の原因になることが多いのが、お金の管理。結婚する前からある程度話し合っておいた方がいいかも知れません。結婚後のお金の管理法についてまとめました。

結婚後のお金の管理どうする?

結婚後のお金の管理について

 結婚直後はお金の貯め時であると言われており、子供ができてからではなかなか貯まらないと思った方がよいでしょう。

 お金に関することは、夫婦喧嘩の原因にも、不満のタネにもなりやすいため、新婚のうちによく話し合って決めるのがよいようです。一般的に子育てに必要な費用は、生まれてから大学を卒業し社会人になるまで1人当たり約3,000万円とも言われています。 独身の時のようではいけないと思いつつも曖昧なままにしているカップルは、一度きちんと話し合った方がよいでしょう。結婚後のお金の管理については、各家庭によりそれぞれ方法があり、どれが正解ということではなく自分たちに合ったやり方を選ぶことが大切です。ここでは悩める新婚さんたちのために、3名の方のお金の管理方法をご紹介します。

【A子さんの場合】

 A子さんはお金の管理が苦手。あればあるだけ散財してしまうタイプ。

  → 夫が主導権を握り、お金の管理をしている。

  夫が几帳面で家計管理を任せられる場合はおすすめの方法です。

夫が給料日に1か月分の家計費と妻の小遣いを併せた金額を渡します。給料のすべてを渡すわけではないので、A子さんは渡された中で家計をやりくりする必要があります。夫の給料の額を知らない場合、夫が無駄遣いしていたとしても気づきにくいのが難点ですが、結婚前からしっかりと貯蓄がある男性なら信頼しても大丈夫でしょう。

【B子さんの場合】

 B子は夫が散財タイプ。心配で任せておけない。

  → B子が財布の紐をがっちり握っている。

B子さんが家計を管理して夫にお小遣いを渡している、専業主婦やパートタイムをしている女性に多いパターンですが、共働きの場合でも、夫の給料だけで生活しB子さんの給料はすべて貯蓄にまわすという方法で順調に貯金をすることができます。注意すべきは夫の小遣い額をこまめに見直すことと、夫への貯蓄額の定期的な報告です。

【C子さんの場合】

 C子と夫は、お互いそれぞれの収入を知らない。ほとんどの出費は折半している。

  → 結婚を機に一つの口座に同額ずつ貯金して貯めている。

共働きの夫婦に多く見られるスタイルです。

C子さんは家賃や光熱費、食費は夫と折半しており、2人とも動かせる口座に毎月定額を貯金して貯めています。お小遣い制ではなく、生活費と貯金分を差し引いた残りのお金は自由に使うことができますが、それぞれが無駄遣いをしてしまう可能性も。貯金額をどのくらいに設定するかによって、しっかりと貯めることができるかどうかが分かれるところです。 また、夫婦間で給与額が大きく違う場合は、貯蓄の額を同額ではなく6:4の割合にしたり、外食費は夫、スーパーなどでの買い物時は妻が支払うなど、出費の役割分担をするというやり方もあります。

 金銭の管理は、その能力に長けている方が行えばよいでしょう。

 A子さん、B子さん、C子さんに共通している重要な点は、どれだけ貯蓄にまわせられるかという点です。貯蓄がある程度ある家庭は、稼ぎ頭が急にリストラにあったり、ケガや病気でしばらく入院することになっても、やりくりすることができるでしょう。ということであれば、2人の未来のために貯金できるような管理方法を選び、貯蓄することが大切です。

貯蓄と運用について

 結婚式の資金や、海外旅行、欲しいものを買うために資金を貯めたりする貯金は頑張れても、目標や目的もなく、漠然と今後何かあった時のためにお金を貯めるのはモチベーションが上がらない、という方も多いのではないでしょうか? そういった方は、投資信託などを活用した資産運用にも目を向けてみてはいかがでしょうか。もちろん、投資信託はプラスだけではなくマイナスになる場合もありますが、初めての方でも自分のペースで資産を運用していける方法をご紹介します。

NISAって何?

 平成26年にスタートした「NISA(ニーサ)」と呼ばれる少額投資非課税制度をご存知でしょうか?通常、株式や投資信託などから得られる配当や譲渡益には所得税や地方税がかかります。

 例えば、100万円でA社の株式を購入し5年後にその株が150万円に値上がりするとしましょう。その場合、資産は150万円となり50万円の利益を得ますが、その50万円からは税金分(なんと20.315%も!)が差し引かれてしまいます。ところが、NISAは毎年100万円までの新規購入分を対象に、その配当や譲渡益を最長5年間、非課税になる制度ですから、50万円の利益が丸々自分の資産になるというわけです。3年後や5年後の少し先の予定を見据えて運用するのに、おすすめの制度です。

 常陽銀行ではNISAにぴったりのおすすめファンドをご用意しています。活用術を詳しく知りたい方はこちらから。

NISA活用術について  NISAについて

積立で外貨預金

 常陽銀行では月々5,000円から積立で運用できる外貨預金もあります。日本円での積立に比べて、外貨ベースでの金利が高いのが特徴ですが、為替の値動きにより差益・差損が生まれます。通貨は、米ドル、または、ユーロから選ぶことができます。

 預金口座からの自動振替で毎月5,000円から積立てることができる外貨積立預金なら、お預入日の1か月後からいつでもお引き出し可能なので、必要な時にすぐに使えるというメリットがあります。

 もし外貨預金を始めていたら投資額がどうなっていたかをシミュレーションできる「かんたん!10秒体験」はこちらから。

10秒体験について  外貨積立預金について

 手元にあるまとまったお金を運用したいのか、これからコツコツと積立てていきたいのか、それぞれの仕組みとメリット・デメリットをよく知ったうえで、上手に活用していきましょう。

(2015年5月27日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る