SDGs取組宣言支援サービス

SDGsへの取り組み状況に関するフィードバックや、「SDGs宣言書」作成支援を通じて、お客さまのSDGs参画をサポートします。

SDGsと事業活動について

SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、2015年9月、国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で設定された、2030年を期限とする17のゴール(目標)と169のターゲットのことです。

あらゆる貧困に終止符を打ち、不平等を是正し、気候変動に対処するなど、共通理念として「誰一人取り残さない」を掲げています。

日本国内では、政府による「2050年カーボンニュートラル宣言」を受けた脱炭素化に向けた動きが進みだしているほか、相次ぐ自然災害の発生などから持続可能な社会、経済活動への意識が強まっており、SDGsを意識した生活、企業活動が加速しています。

SDGsに取り組むことによる
ビジネスチャンス

企業がビジネスを通じてSDGsに取り組むことは、企業の存続基盤を強固にするとともに、開拓されていない市場を獲得する「チャンス」となり得ます。

SDGsに取り組まないことによる
リスク

社会全体がSDGsの達成を目指すなか、これに無関心なまま事業活動を行うことは、企業の存続基盤を揺るがす「リスク」をもたらす可能性があります。

SDGsに取り組むにあたり、こんなお悩みはありませんか?
  • SDGsの話をよく聞くが、何から取り組めば良いか分からない
  • 取引先等の要請や社会的背景を踏まえ取り組んでいるが、掲げた目標に対し実効性のある行動が伴っていない
  • 本業が忙しくて、SDGsに割ける時間などない
常陽銀行がSDGsへの取り組みをサポートいたします

SDGs取組宣言支援サービスの内容

1.ヒアリングを通じて整理したお客さまのSDGs取り組み状況を“見える化”します

ヒアリングシートに基づき、お客さまのSDGs取り組み状況等をお伺いし、内容を整理したうえで診断結果をフィードバックいたします。

2.お客さまの「SDGs宣言書」の作成を支援いたします

SDGs取り組み状況に対する診断結果を踏まえ、当行がお客さまのSDGs宣言書作成に向けたサポートをいたします。
ご希望に応じて「SDGs宣言書」を当行のホームページ等でリリースいたします。

<SDGs取組宣言支援サービスのフロー>

SDGs取組宣言支援サービスのフロー
SDGs取組宣言支援サービスのフロー

SDGs取組宣言支援サービスの概要

ご利用対象 当行とお取引のある法人・個人事業主のお客さま
ご利用料金 110,000円(税込)
ご留意事項 本サービスは、お客さまの申告に基づき行う簡易評価であり、一つひとつの申告内容についてエビデンスを求めるものではなく、いわゆるSDGs取り組みの認証を行うものではありません。
その他 本サービス創設にあたっては、三井住友海上火災保険株式会社およびMS&ADインターリスク総研株式会社の協力をいただいております。

「SDGs宣言書」を作成されたお客さま
(2022年6月30日現在)

関連情報

お問い合わせ・ご相談

店頭でのお問い合わせ・ご相談

お近くの店舗を探す

店舗・ATM