当行の概要

名称 株式会社 常陽銀行
創立 1935年(昭和10年)7月30日
本店 茨城県水戸市南町2丁目5番5号(地図
電話番号 029-231-2151(代)
資本金 851億円
拠点

国内:180店(本支店151、出張所29)

海外:3駐在員事務所(上海、シンガポール、ニューヨーク)

店舗数

(平成29年3月31日現在)

従業員数 3,281人
総資産 9兆6,970億円
預金 8兆2,403億円
貸出金 5兆9,670億円
自己資本比率 連結 11.86%(国内基準)  単体 11.23%
格付(長期格付)

格付投資情報センター(R&I) A+

ムーディーズ A2

(平成29年3月31日現在)

沿革

昭和10年7月 水戸市に本店を置く常磐銀行と土浦市に本店を置く五十銀行が合併し、現在の株式会社常陽銀行設立(設立日7月30日、資本金11,566千円、本店水戸市)
その後、昭和14年10月三ツ輪銀行を合併、昭和17年3月石岡、猿田公益の二銀行を合併、昭和20年4月茨城貯蓄銀行を合併
昭和36年6月 外国為替業務取扱開始
昭和40年6月 新本店建物竣工
昭和43年4月 当行株式東京証券取引所市場第二部に上場(昭和44年2月第一部に指定)
昭和48年4月 計算受託業務として常陽コンピューターサービス株式会社設立
昭和48年11月 全店オンラインシステム完成
昭和49年9月 リース・ファイナンス部門の当行補完業務として株式会社常陽リース設立
昭和50年7月 担保附社債信託法に基づく受託業務認可
昭和53年4月 個人ローン等の保証業務として常陽信用保証株式会社設立
昭和53年6月 第二次オンラインシステム稼働
昭和57年8月 クレジットカード業務専門として株式会社常陽クレジット設立
昭和58年4月 証券業務取扱開始(国債等の窓口販売)
昭和59年3月 事務代行受託業務として常陽ビジネスサービス株式会社設立
昭和59年6月 公共債ディーリング業務開始
平成5年10月 信託業務取扱を開始
平成6年1月 第三次オンラインシステム稼働
平成7年4月 コンサルティング業務として株式会社常陽産業研究所設立
平成8年5月 上海駐在員事務所開設
平成8年10月 茨城中央信用組合との合併
平成10年12月 証券投資信託業務取扱を開始(投信の窓口販売)
平成11年3月 不動産管理専門として常陽施設管理株式会社設立
平成11年4月 現金精査業務として常陽キャッシュサービス株式会社設立
平成12年5月 第1回、第2回無担保普通社債発行
平成13年4月 保険販売業務取扱を開始(損害保険の窓口販売)
平成14年10月 保険販売業務取扱を開始(個人年金保険の窓口販売)
平成17年5月 証券仲介業務取扱を開始
平成17年10月 銀行本体でのクレジットカード発行を開始
平成19年1月 地銀共同化システム稼動
平成19年11月 証券業務として常陽証券株式会社設立
平成24年9月 シンガポール駐在員事務所開設
平成26年10月 ニューヨーク駐在員事務所開設
平成27年11月 株式会社足利ホールディングスと経営統合に関し基本合意
平成28年4月 株式会社足利ホールディングスと経営統合に関し最終合意
平成28年10月 株式会社足利ホールディングスと経営統合し株式会社めぶきフィナンシャルグループを発足

AdobeReaderのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。

Get Adobe Reader

▲このページの先頭へ戻る