一人暮らしだから貯金はできないと諦めないで。月収手取り20万(年収300万以下)でも貯金ができる方法があります。ぜひご参考にしてください。

一人暮らしでも貯金できる?

一人暮らしで貯金はできるもの?

 一人暮らしだから貯金は難しいと思う方も多いと思いますが、データによると、20歳代で年収300万円未満の方の平均資産保有額は101万円との結果が。人によっては年収300万以下でも資産を持っているということがわかります。

 20歳代だけでなく、すべての年代の平均資産保有額が下記の一覧に記されていますので、ぜひご参考までにご覧ください。

 ここで注目したい点が年収300万未満であったとしても着実に資産を増やすことは可能だということです。20代、30代では100万円代だった貯金額が、40代には倍に近い金額になっています。さらに50代、60代へと年齢が上がるにつれてここでも倍くらいの資産を保有できているという結果が見て取れます。

 年収が300万円未満だったとしても、60歳代には1000万円を超える資産を持つことも可能だとわかれば、コツコツ貯金を続けていく原動力になるのではないでしょうか。

 では、どんな貯金の方法があるのか、そしてお金を増やすにはどんな方法があるのかについて、詳しく説明していきたいと思います。

【年代別:年収300万円未満の平均資産保有額】

年齢 平均資産保有額
20歳代 101万円
30歳代 165万円
40歳代 299万円
50歳代 689万円
60歳代 1258万円

 出典:家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成26年調査結果

自分を棚卸ししてみよう

 一人暮らしをしていると当然、家賃、光熱費などの固定費が毎月かかってきます。その他にも携帯電話やインターネットなどの通信費、習い事やスポーツジムの月謝、車やパソコンなどのローン支払いなど、毎月固定の支出が複数あるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 着実に貯金を殖やしていくには、できるだけ固定費を抑えることが欠かせないのですが、賃貸契約や携帯端末の分割割引の契約など、違約金の発生により見直しが困難な場合もあるので注意が必要です。

 それとは反対に今すぐ家計の見直しが可能なのが変動費です。変動費とは、服飾費や娯楽費など、自分次第で出費を抑えることができるものをさします。

 毎月何着も洋服を買っているのであれば、毎月1着だけにしたり、通販やアウトレットショップなどを狙って洋服の単価を抑えたりするなど、工夫をすることで出費に差が出ます。誘われた飲み会のすべてに出席しているなら、3回に1回は断ったり、ちょっとしたホームパーティーにして自宅で飲んだりなど、完全に断つことをしなくても貯金額を増やすことは可能なのです。

 食費や化粧品代などもあてはまります。節約をするには、その商品やサービスを欲しいかどうかでなく”必要かどうか”という基準で考えてみることです。衝動的に欲しい!と思ったもののほとんどは必要なものとは言えないのではないでしょうか。

「先取り貯金」をうまく活用しよう

 「先取り貯金」をご存知でしょうか?「先取り貯金」とは、給料から一定の金額を天引きして貯金にまわすことを言います。この「先取り貯金」のメリットは、なんといってもお金を確実に貯めていけることです。余ったお金を貯金にまわすという方法では、ついムダ遣いをしてしまうなど、あまり効率よく貯金することができないためオススメはできません。

 たとえば、毎月2万円ずつ貯金をすると決めたら、お給料が振り込まれたらすぐに2万円だけ別の口座に移し替えます。貯金専用の口座を準備し、そこに入れたお金はなるべく使わないようにすることがオススメです。あらかじめ強い意志を持ちましょう。

 また、勤務先に財形貯蓄制度がある場合には、税金面での優遇もあるため積極的に活用するといいでしょう。財形貯蓄制度がない場合でも、生命保険料控除の対象となる終身保険や年金保険などを使って確実に貯める方法もオススメです。

毎月コツコツがポイント!無理せずに貯めていきましょう

 今月は先月より少ない金額しか貯金できない。それでもいいんです!ポイントは毎月コツコツと継続することです。

 先にご紹介した財形貯蓄や終身保険のほかにも、積立型の投資信託や外貨預金など、少額から気軽に始められる投資も人気があります。

 積立型の投資信託とは、毎月一定額を積み立て、その金額の範囲内で様々な資産に投資を行うこともできるものです。

 またNISA(少額投資非課税制度)を利用すれば、投資で得た運用益や配当金が非課税になるメリットがあります。

 ここでご紹介した主な貯金方法のほかにもたくさんの方法があります。

 自分に合うやり方を見つけ、着実に貯金を殖やすためにも、気になる方法があればぜひいろいろ調べてみてはいかがでしょうか?

積立投信について  外貨積立預金について

NISAについて

(2015年4月21日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る