環境理念・環境方針

環境理念

常陽銀行グループは、水と緑に恵まれた茨城県を主要な営業地盤とする企業として、豊かな自然環境を守り育てていくことが、私たちの「社会的使命」と考えています。ふるさとの環境を守り、持続可能な社会を実現するため、地域と連携協力し、環境保全活動に継続して取り組んでまいります。

環境方針

〜地球にやさしい地域づくり〜

  • ①省資源、省エネルギー、リサイクル活動を推進し、事業活動によって生じる環境負荷の軽減に努めます。
  • ②環境に配慮した金融商品・サービスの提供を通じて、環境保全に取り組むお客さまを支援します。
  • ③本方針を当行グループ全役職員に周知徹底し、一人ひとりが積極的に環境保全活動に取り組みます。

「21世紀金融行動原則」への署名

21世紀金融行動原則

2011年12月、銀行・証券・保険業界の金融機関が一体となり環境金融の取り組みを広げていくため採択された「21世紀金融行動原則」に賛同し、持続可能な社会の形成に向けて取り組んでいます。

環境に配慮した事業活動

環境関連融資

太陽光や風力、バイオマスなどのクリーンエネルギーを利用した発電事業に対する環境関連融資を通じて、地域の再生可能エネルギーの普及・発展に取り組んでいます。また環境保全に係る設備資金の融資金利を優遇するなど、環境関連の課題解決に取り組む事業者を支援しています。

環境関連ローン商品

環境に関する金融商品とお取引先への支援

地域の環境保全に貢献し、環境保全に取り組む企業を積極的に支援するため、環境関連の商品を取り扱っています。

常陽エコ・セレクトローン

エコリフォームローン

環境に配慮した店舗づくり

環境に配慮した店舗づくり

新店舗を中心に、順次太陽光パネルやLED照明を設置するなど、環境に配慮した店舗づくりを進めています。

省エネ法への対応

当行は、省エネ法に基づき、特定事業者の指定を受け、エネルギー統括者・エネルギー管理企画推進者を選任するとともに、エネルギー使用量の削減に向けた中長期計画を策定し、省エネルギーに取り組んでいます。

森林保全活動

日本の森を守る地方銀行有志の会への参加

各地方銀行の森づくり活動の情報をネットワーク化することにより、国土の7割を占める日本の森を守る活動を支援していくことを目的とした「日本の森を守る地方銀行有志の会」に参加しております。

日本の森を守る地方銀行有志の会

「常陽ふるさとの森」植樹活動

ふるさとの美しく健全な森を次世代に引き継ぐため、茨城県、いばらき森林づくりサポートセンターと「いばらき協働の森パートナーズ協定」を締結し、那珂市に「常陽ふるさとの森」を創設しました。間伐や植樹活動などを通じて、ふるさとの緑を守り育てる森づくりに取り組んでいます。このほか、新入行員の研修プログラムの一環として、那珂市や筑波山での植樹活動を実施しています。

「常陽ふるさとの森」植樹活動

「常陽ふるさとの森」植樹活動

その他の活動

公益信託「エコーいばらき」環境保全基金

茨城県内で環境保全に取り組む団体などに対して助成を行っています。
公益信託「エコーいばらき」は、1992年、当行と損害保険ジャパン株式会社により共同で設立しました。以降、毎年助成希望者を募集し、運営委員会による審議・選定を経て助成しています。

各助成先のご紹介はこちら

基金の仕組み

基金の仕組み

これまでの助成件数および助成金額の推移

これまでの助成件数および助成金額の推移

茨城エコ事業所などへの登録認定

茨城エコ事業所などへの登録認定

環境にやさしい取り組みを行う事業所を茨城県が登録する「茨城エコ事業所登録制度」に申請し、茨城県内の119の店舗、およびグループ会社が登録認定されています。
また、福島県内10店舗では、「地球温暖化防止のための福島議定書」を締結しています。

▲このページの先頭へ戻る