取締役頭取

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

地域金融機関を取り巻く経営環境は、長引く金融緩和政策などにより、預金や貸出金といった伝統的な金融サービス分野は厳しさを増しています。さらに新型コロナウイルス感染症の流行は、わが国経済、さらには地域経済に大きな影響を及ぼしています。

このような中、当行は、めぶきフィナンシャルグループ・足利銀行と共に、2019年4月にスタートさせた第2次グループ中期経営計画のもと、目指す姿として「地域の未来を創造する総合金融サービスグループ」を掲げ、各種施策を展開しております。お客さま、地域の課題は一段と多様化しており、コンサルティング機能の強化とグループ総合力の発揮により、お客さま、地域の課題解決や成長支援、円滑な金融サービスの提供に全力を尽くしてまいります。さらに、加速するデジタル化の動きを積極的に取り込み、お客さまの利便性向上を図るとともに、当行グループの生産性向上に向けた構造改革を進め、企業価値の向上を図ってまいります。

今後とも、お客さま、地域の皆さまのご期待にお応えできるよう、役職員一同全力を尽くしてまいりますので、引き続き、一層のご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2021年1月 取締役頭取 笹島律夫

▲このページの先頭へ戻る